💎大人のためのメンズロマンス

タイBLドラマ「Dear Doctorー死神が愛した医者ー」死神と外科医の恋‥だと?!|配信で視聴可能

こんにちは。
実写BL・メンズロマンスが大好きなアラサー会社員のricoと申します。

数ある作品の中から大人女性にもきちんとおすすめできる良作のみをピックアップしていたら、130本を超えてしまいました。
ひたすら個人的な見どころをご紹介していくブログです。(特に激推しな11作品はこちら)

今回はタイBLドラマ「Dear Doctorー死神が愛した医者ー(原題:คุณหมอครับ ผมมารับวิญญาณคนไข้)」を取り上げます。

作品メモ

評価 :0/5。

評 価:視聴後に記載します。
設 定:医療・ファンタジー
トーン:シリアス・ミステリアス

大人度:どうなる?
攻 め:死神/年下/冷静/執着
受 け:外科医/年上/真面目/強気
※あくまでも個人の主観です

まだ見たことがない方のために詳細を省いた「見どころのみ」をかいつまんでご紹介しますが、3割ほどネタバレを含みますのでご注意ください。

BLドラマ「Dear Doctorー死神が愛した医者ー」とは

タイBLドラマ「Dear Doctorー死神が愛した医者ー(原題:คุณหมอครับ ผมมารับวิญญาณคนไข้)」は、2022年3月より放送された作品です
日本では早くも3月28日よりRakutenTVにて先行配信されています。

プラカーンは、患者の命を救うために懸命に働く外科医。
しかしそんな彼のもとに死神が訪れ、彼が救おうとしている人々の命を奪おうとする…
人の命を助けようとするプラカーンと人の命を奪おうとする死神は相反する存在。
そんなふたりが恋に落ちるなどあり得るのでしょうか。

my drama listよりricoのざっくり意訳

白衣BLありがとう

外科医vs死神

https://movie.douban.com/

優秀な外科医プラカーン(演:Nut)

患者の命を救うため献身的に働く外科医。
ひとりでも多くの命をつなぎとめるために上司にもいろいろと提案する熱心な男。
正義感強めな姫。
中の人が30歳という点も美味しい。

https://movie.douban.com/

人の命を奪う死神(演:Karn)

仕事がデキすぎる死神。
なぜか外科医のプラカーンにだけ見える。
患者の命を奪いにプラカーンの元を訪れてはぶつかり合う。
仕事のONとOFFのふり幅が大きい。
死神モードの時と冷酷な姿と、超ラフスタイルのオフな姿のギャップ萌え。
過去が気になる。


人の命を救う医者と奪う死神、互いに自分の使命を全うしようとすればするほど、ぶつかる存在ですよね。

相容れないふたり、どうなる?

敵対するふたりのラブロマンス

https://movie.douban.com/

死神と外科医のラブロマンスというとんでもない設定の本作。

予告動画では仕事を離れたふたりが海辺でキスとかしちゃってましたが、いったいなにがどうなったらそうなるのか、おはなしの展開が楽しみで仕方ありません。

https://movie.douban.com/

情報がない中で、原作がBL小説ということはつかめています。
このビジュアルを見る限り、どうやら死神が攻めポジの予感(勝手な解釈)

サブキャラも気になる

同僚外科医のメーター(演:Yacht)

何かにつけてプラカーンに突っかかる同僚。
外科部長の座を争うライバル的存在で、敵視している。
なんでそんなにも突っかかるのか。
そこに愛はあるんか
(大地真央)?気になる。

看護師のキータ(演:Pat)

プラカーンのことを慕う後輩。
いつもプラカーンのことを気にかけている
この思いが単なる頼れる先輩としてなのか、それともそれ以上なのか。
そこに愛はあるんか(2回目)?気になる。

4話まで見て思うこと:
プラカーンに向ける熱い視線がとにかくね、熱いんですよ。
そんなに見つめちゃ焦げるよ焦げちゃうよ!ってくらいですよ。

死神のオンとオフ

https://movie.douban.com/

このドラマに出てくる死神たち、ビジュアルでは怖そうに見えますが実はとってもチャーミングだから困った。

働いていないオフの時は、アロハシャツに短パンサンダルでゆるーくダラダラして過ごしてるんです。

でもひとたび指令がかかると…

https://movie.douban.com/

頭の先からつま先までブラックのワントーンスーツにピカピカの革靴を履いたお仕事モードにスタイルチェンジして、一切の例外も許さないようないかにも死神らしい冷酷な表情になるんです。

このギャップがとてもよい

コミカルとシリアスの緩急

https://movie.douban.com/

舞台は大病院の集中治療室。
そんなドラマだからこそどうしてもシリアスになりがち…かと思いきや。

死神にオンとオフがあるように、ドラマもコミカルなシーンを挟んできます。

お風呂上りに腰にタオルをサラッと巻いて家の中をうろつくPrakan。
物音がしたので警戒しながら1階に降りるとなんとそこには死神が…!
驚いた拍子に腰のタオルがはらりと床に落ちるお決まりのシーンもございます。

仕事中、必死で治療をするプラカーンはその患者の命を簡単に奪ってしまう死神といつも衝突するんですよね。
だからプラカーンは死神に対して超絶塩対応なんです。
でも死神は「これはあくまでも”仕事”だから」といってプラカーンに歩み寄ろうとするんです。

プラカーンが仕事中も、休憩中も、さらには家にまで姿を現しちゃったりしてやたらとプラカーンのことを気にかけるんです。THE執着。
どうしてそこまで彼にこだわるのか、それはこれからのお楽しみ。わくわく

とにかく3話までは見てみよう

伏線だらけなんですわ

そもそもどうして死神がひとりの外科医にこんなに執着するんでしょうか?
なんで?どうして?

そしてどうしてプラカーンにはこの死神が見えてしまうんでしょうか?
え?それってもしかして…?

こんな感じでいろいろ考えだしたら止まらないくらい伏線がちりばめられているんです。
そして回を追うごとにどんどんと明かされるふたりの過去ですよ。
それを思うとオープニング映像のエモみが増し増しでたまらないんです。

医療ドラマっていうと、子どもの頃から何度も繰り返し再放送されてた「白い巨塔」とか「振り返れば奴がいる」みたいな心えぐられる展開しか知らなくてついつい悲しい展開ばっかり考えてしまうんですよね…

死なないで?プラカーン…生きて?

お願いだから生きて?

タイBLドラマ「Dear Doctorー死神が愛した医者ー」は配信で視聴可能

https://twitter.com/rakuten_asidra

「Dear Doctorー死神が愛した医者ー」はRakutenTVにて3月28日より配信されています。

RakutenTVで見る
毎週月曜・22時に1話ずつ更新

あぁああああー!
まだまだ貴女におすすめしたい作品はたくさん!
もっと書きたい!この感情をぶつけたい!

💎このブログの著者

rico(30代)

湿度高めなオトナ向けクイア作品を探すことが趣味
美しい商業BLからハードコアな作品まで何でも食べます
130本以上のおすすめ作品をブログで紹介しています
twitterはこちら

🏆よく読まれている人気作品

最近見たおすすめ作品

💡視聴中/視聴予定の作品たち

・ドラマ「Saltburn/ソルトバーン」配信中
・ドラマ「リプリー」配信中
・ドラマ「ニュールック」配信中
・映 画「異人たち」公開中
・ドラマ「Bump Up Business」配信中
・ドラマ「絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男 2024」配信中
・ドラマ「タカラのびいどろ」7月1日配信/放送
・短 編「STRANGE WAY OF LIFE」7月12日公開
・ドラマ「HEART STOPPER 3」10月3日配信

💔日本上陸全裸待機の作品たち

・ドラマ「Fellow Travelers
・映画「Lie With Me
・映画「In from the Side
・ドラマ「Interview with the Vampire
・映画「Bros
・映画「Young Hearts」
・ドラマ「Unknown」
・ドラマ「Cristóbal Balenciaga」

🔍キーワードから探す

BL/Yaoi R指定 ほのぼの アメリカ アルゼンチン イギリス コミカル サスペンス シリアス タイ ドラマ ハートウォーミング バイオレンス ビジネス フィリピン フランス ブロマンス ミステリアス ミリタリー ライバル 不倫 中国 主従 先輩後輩 切ない 匂わせ 台湾 同僚 同級生 学園 学生 年の差 幼馴染 日本 映画 歴史 激推し 爽やか 犯罪 甘い 男娼 短編 社会派 青春 韓国

💝激推し11作品

ストーリー完璧!世界観完璧!美しさ完璧!演技力完璧!しっかりエロくてそれでいて切ない!
そんなパーフェクトな作品を厳選してご紹介。
大人女性も満足できる!特にこれは外せません!

皆さまの好みに合わない場合がございます、ご注意くださいませ。


🔥おすすめの130作品

BL作品に溺れる日々を送っていますが、残念ながらがっかりする作品もたくさんあります(小声)
でもご安心ください!そんな中から貴女にきちんとおすすめできる作品をピックアップして見どころをご紹介しております↓

本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


投稿日

カテゴリー:

投稿者: